So-net無料ブログ作成

『ここまで進んだ歌舞伎症候群』 [主人公の供養]

原因発見の論文(1-①)が発表されたのが2010年8月でした。
その後、もう1種類の原因(1-②)が発表されました。
2010年以前は原因が何かに注目が集まっていました。
原因究明後は「薬」の開発を待ち望んでいます。
これは家族一同の強い望みです。
テーマに沿ってインターネットで調べてみました。
1 歌舞伎症候群の原因別の分類化
埼玉県立小児医療センター遺伝科 科長 大橋先生のページより
① KMT2D遺伝子の異常 
② KDM6A遺伝子の異常 
③ 原因不明
2 歌舞伎症候群の遺伝子を持ったモデルマウスの作成
国立研究開発法人日本医療研究開発機構のページより
ES細胞の技術をもって歌舞伎症候群の遺伝子を持ったモデルマウスができたそうです。
(ミッキーマウスの顔は歌舞伎役者と関係ないし、低身長も??・・・冗談です)
3 カナダ・モントリオールのマギル大学では研究参加者を募集しています。
A group at McGill university in Montreal is studying the mechanism of how the mutations in disease-causing genes result in conditions seen in patients. They have made good progress in using gene editing technologies and would like to complement their findings using samples from Kabuki syndrome patients (with either type of Kabuki diagnosis).
参加方法 採尿キットによる尿検査。ただし、上記1の遺伝子異常が確定していること。

2,3からも想像できるように1-①、②の分類が必須で、その上で確実に歌舞伎症候群の研究が進んでいるようです。
ただ現段階では秘密事項が多すぎ、研究がどんな症状を改善する為になされているのかオーソライズされていません。

コメント(0) 

YouTube「歌舞伎症候群のカタログ」を投稿してもうすぐ1年が経過します [主人公の供養]

おかげさまで大変多くの人に見ていただきました。ありがとうございます。

 ↑ 切れ長の目、うすい眉、低い鼻、耳 歌舞伎の特徴が表れています。
 
このビデオは歌舞伎ジャーナル 第105号 に手を加えてビデオ化したものです。
内容は写真を用いて9歳9か月時と17歳11か月時を比較したものです。
これは同じ病気で悩む家族への「先輩」からの支援を目的に作成しました。
多くの人に見ていただいていることは少しでも役に立っていることの証です。
ブログのテーマにかなっていると自負しています。
コメントフリーにしてありますので、案の定「スパム」の投稿もすごいものになっています。
何故コメントフリーにしたか?これには深謀なタクティクスがあり、まだその種明かしをするまでに至っていません。
ヒントとして「やまゆり園事件」(2016年7月26日未明発生)は残念ながら風化しつつあります。
しかし、極一部の人たちにとって犯人は特別な存在です。
2018年はこの日が近づくとスパムの量が一気に増加しました。
あと数年は様子を見たいと思います。
また、小学生の間でYouTubeを見ることがはやっているそうです。
特にサディスティックな笑いを求めているようです。
その1つにこのビデオが存在することをコメントの中に発見しました。

次回のブログのテーマを(仮題)「ここまで進んだ歌舞伎症候群」を投稿しようと思います。
コメント(0) 

技術の進歩は「ゼロ」(稲刈りの話です) [自宅周辺の自然・環境など]

今日稲刈りをしました。

零細兼業農家のため設備投資ができず、昔ながらの刈り取り方法で技術の進歩は全くありません。
他人曰く「お米は美味しい。且つ、安全」。結果として家族のためには正論かもしれませんが、
当事者にしてみれば、そんなことは知ったことではない。
コメの味がわかるほど舌は肥えていない。まずいコメは食べたことがない。

(テーマ稲刈り)
2017年10月10日過去の稲刈りを振り返っています
2014年10月12日台風19号の接近に伴い稲刈りを 18歳
2013年10月05日実ほど首を垂れる稲穂 17歳 もち米の稲刈り
2012年10月08日明るい農村 16歳 豊作でした ビデオは消されたようです
2010年10月11日稲刈りにチャレンジ 14歳 ビデオ 稲刈り期の操作

コメント(0)